JCBカード メリット デメリット

トップ >> JCBカードのメリット・デメリット

JCBカードのメリット・デメリット

JCBカードのメリット・デメリットとは?

クレジットカードを作る上で何のブランドにしようかまだ悩んでいる方のために、JCBカードのメリット・デメリットをいくつか紹介します。カード選びの参考にどうぞ。

メリット
国内に強い

JCBカードは国内の加盟店数No.1なので、国内で使えない店はほとんどありません。

JCBプラザがあるので海外も安心

JCBプラザとは世界主要都市に設置されたJCB会員専用の海外サービス窓口です。海外に弱いJCBカードですが、JCBプラザによりJCB加盟店の予約や観光に関する問い合わせを日本語で対応してもらえるので、海外にて心強い見方となります。

◆JCBプラザのサービス内容
・おすすめJCB加盟店や現地観光情報の案内
・ホテル・レストラン・オプショナルツアー・各種チケットの予約
・JCBカードの紛失・盗難時のサポート、海外専用緊急再発行カード手配

MyJCBが便利

MyJCBとはカード利用金額明細やポイントの確認、個人情報の変更など各種手続きなどを24時間行うことのできるJCBのインターネットサービスです。

いつでもカードの利用額を確認でき、登録内容の変更も簡単にできるので便利です。

東京ディズニーリゾートのオフィシャルカード

JCBカードは東京ディズニーリゾートのオフィシャルカードなので、チケットの購入やショッピング・レストランまでサインレスでOK!

他にもポイントでチケットと交換できたり、チケットが当たるキャンペーンやイベントへの招待など特典が満載。ディズニー好きには嬉しいサービスです。

スキミング被害に会いにくい

スキミング被害は海外のカード利用で発生しやすい犯罪です。JCBカードなら海外で使える場所が限られるので、スキミングの被害には会いにくいのです。

デメリット
海外の加盟店が少ない

国内ではどこでも使えるJCBですが、VISAカードなどと比べると海外の加盟店が少ないので海外では使える店が限られます。

その分海外サポートがしっかりしているので、通常のショッピング用のカードとしてVISAやMasterをサブとして持っていくと良いです。