JCBカード 審査

トップ >> 審査の秘密

JCBカードの審査の秘密

クレジットカードを持つには審査が必要です。

クレジットカードの申込書に自分の個人情報を記入あるいは入力して審査を受けるのですが、何を基準に審査をしているかを知った上で、クレジットカードを選んで申込みをすると審査に通る確率がぐ~んと上がります。

基本的にカード会社は、申込んだ人の「安定した収入」「返済能力」「明確な居住場所」の三つを重要視すると言われています。

これらの数値によってクレジットカードが作れるかどうかが決まります。


さらに、クレジットカードのレベルやターゲットとする属性によって審査の難易度が変わります。

プラチナカード > ゴールドカード > 一般カード
プロパーカード > 提携カード

の順に審査が厳しくなります。

プロパーカードとは、他社と提携していない、自社発行しているクレジットカードの事です。

例:JCB一般カードJCBカード EXTAGE

これに対して、JCBカードと提携しているカードが提携カードです。

例:セゾンJCBカードJCB一般カード プラスANAマイレージクラブ


審査の難易度は、学生や主婦でも作れる一般のクレジットカードが最も低くなります。
学生専用カードや主婦をターゲットした流通系のセゾンカードがそれに当たります。

さらに、審査に通る確率を上げるための重要なコツとしては、クレジットカードの申込時にキャッシングサービスの利用希望枠の金額を0円もしくはなるべく低い金額を選ぶことです。

キャッシングサービスの利用可能枠は、あとからでも変更申請が可能ですので、まずはクレジットカードを作ることを優先したい場合は、キャッシングサービスの利用希望枠の金額を0円もしくはなるべく低い金額を選びましょう。
これは、是非とも抑えておきたいポイントです。

また、申込時にウソの内容で申告(住所や年収など)をしてバレた場合もカードは発行されませんので、正確な情報で申込みをしましょう。

イオンカード(WAON一体型)
イオングループの店舗でお得がいっぱいのカード。
実店舗ショッピングNo.1のイオンカードは、年会費無料で様々な割引特典が魅力。


セゾンカードインターナショナル
会員2,800万人超を誇る、クレディセゾンの定番カード。
年会費永年無料最短即日発行が可能です。


JCB一般カード プラスANAマイレージクラブ
JCB一般カードにANAマイレージクラブ機能がプラスされたカード。
JCBのOki Dokiポイントに加えて、フライトや提携店の利用でANAマイルが貯まります。